<< バリ セントーサ&ガンサ IZO >>

バリ ブルガリ5

ブルガリ 最終だす。




e0078338_223183.jpg


水までブルガリかい・・・・・・・・・・中身はEQUILでした。



e0078338_2265456.jpg



鳥かごにクラゲがいっぱい・・・・・






e0078338_22114610.jpg


アジアン ダイニングの照明でござった。



e0078338_2211062.jpg



ブルガリは、お花の飾り方がすごく特徴あるにょ。

朝ごはん・・・・ビュッフェだった・・・・
このクラスのホテルでビュッフェかよ・・・・(悲)

卵料理はオーダーだけど、パンやフルーツ、ジュース、コールドミートは勝手に取ってねってパターン。
ビュッフェはあんまり好きじゃないし、値段の割りにいまいちなので1回しか行かなかった。
ツアーだと朝ごはんは含まれてるんだろうけど。

イタリアンレストランが夜だけ開きます。
これが、もー東京並みの値段よ。
ワイン1本あけて一人2万くらいかかったんじゃないかな。
いや、東京より高いか?w

で、それだけの料理が出たかと言われると、
いいえ!!(きっぱり)

オープン時のシェフは、今ブルガリ東京の中のリストランテにいるらしい。
私たちが行った時は、もういなかったけど。



e0078338_22214578.jpg


ろびい。
昔のバリの地図が飾られています。

ソファの奥行きがすごく深いので、ゆったりできる。

e0078338_22235224.jpg




水盤の水が、植木の周囲の溝に落ちていくように作られてる。
これ、いいなあ・・・・・と思う水盤フェチshara。w



e0078338_22281039.jpg



この長さのたっぷりとしたぜいたくなファブリックのカーテンはなんと・・・



e0078338_223027.jpg



遮光カーテンを挟み込んで仕立ててあります。

そです、裏表2重仕立てなんです。
外からも、ちゃんとカーテンの表が見えてキレイ。

遮光カーテンにすると値段はほぼ2倍、2重に遮光だと3倍きゃ?
んで、長さもたっぷり。

はあ、こゆことがほんと贅沢に作ってるわーと思ったアテクシ。



でもね、でもなんか色々バランス悪いよ、ブルガリバリ。

現地人スタッフは感じよかったけど、電話受けたりするレセプションの対応が
It’s so cool!!
「ここはミラノのブルガリか・・・」と思ったくらいクールな対応でございましたわ。

日本人スタッフの一人は普通、でも、もう一人はホスピタリティ全然なかった。
正直、何度かムカっとさせて頂きました。ぷんぷん。
帰国してからの忘れ物への問い合わせの電話にも、ものすごーく不親切。

韓国人スタッフの方が、ずっとフレンドリーで親切だった。

会社へ送ったFAXも届いてなかったりさ。
んで、それに対しての対応もイマイチだったし。

話のタネに泊まってみたけど、正直この値段でもう1回泊まろうとは思わない。
もっと安くて、ハードも十分ステキで、もっと居心地のいいホテルが、
バリには他にいっぱいあるから。

中見たかったら、お茶に行ったり、スパに行ったりするだけでいいんじゃないかなー・・・・
コストパフォーマンス的には。

さ、あとはセントーサとガンサのレポだ、がんばれオレ。
[PR]
by sharahouse | 2008-02-27 22:03 | 旅 バリ
<< バリ セントーサ&ガンサ IZO >>