<< Septime レミゼラブル 試写会 >>

Passage 53

2軒upしたので十分だ。
よくやったオレ!

と満足してたら、「あと5軒あるはずです!!」と
ゆりちゃんに尻をけとばされ  もとい、叩かれた。

実はあと6軒あるのよ。てへペロ。

年末までにupできるか!!
次が始まっちゃうよ!!

ってことで「Passage 53」

パリで開店二年目にして星2つ取った佐藤シェフのお店です。
今、フランスで日本人シェフがどんどん星を取っていってて
注目の店がいっぱいあるんだけど、中でもここは絶対行きたかった。

夜はかなりテーブルの灯りが暗く、ISO感度上げたんだけど
あまりキレイにとれてなくて...ごめんなさい。

e0078338_23244439.jpg


佐藤さんのスペシャリテ、「アシエット ブランシュ:イカとカリフラワー」。
カリフラワーの軽やかなピュレの上に軽く焼かれたイカ、
そのうえにふんわりと生のカリフラワーが薄く薄くスライスされて盛り付けられています。
カリフラワーの異なった食感と、イカの食感が楽しい♪




e0078338_23262731.jpg


ほたてとセップ。
セップの泡ソースに生のセップのスライス。
ソースがおいしゅうございます!
ほたての火通しもグッド。

ハムが「ここはおいしいな♪」とニコニコしだす。
うん、昨日、おとついと、続けてはずしたもんね。(笑)

ブレス産の鳥、身はもちろんしっとりと仕上げられておいしかったんだけど
横の油を落としてカリカリに焼かれた鳥皮が!!
かみ締めると、ジュっワーっとうまみが口に広がる。

フレンチでこういうプレゼン初めて!!
「鳥皮だけ、もっと食べたいです!!」(^O^)/と言うと、

「フランス人は鳥皮が嫌いで、ほぼ皮をよけて食べないので、
シェフが、なんとかフランス人に鳥皮を食べさせようと考えたんです」とメートル。
ニャルホドー、やるなあシェフ。
焼き鳥好きでしょ?w

e0078338_0174320.jpg


玉ねぎとイベリコチョリソー
玉ねぎの間に、イベリコチョリソーがはさみこまれて焼かれています。
シンプルだけど、こういうの好き。

e0078338_018331.jpg


ここは、お店がこじんまりしてるとは聞いてたけど、ほんとに小さなお店。
厨房が2Fで、1Fと2Fをつなぐのは、とても小さな螺旋階段のみ。

お手洗いも2Fで、上がって厨房見てビックリ!
こ、こんな狭い厨房で作ってるの?
いやースゴイね。
でっかいオーブン?が、厨房に入りきらず外にどかーんと置かれてます。

メートルに、「すごいですね、あの狭い階段から
何度も何度も両手にお皿持ってお料理下ろしてくるんですね」というと

「それが、この店の問題点なんです」と答えてはった。
そうやろうなあ、大変やと思うわ。

自分が階段下りてわかったけど、螺旋階段の踏み板がすっごく狭くて
手すりもたなきゃ、怖くて下りれない。

正直、サービスや店のしつらいを見ると、星一つくらいの感じなんだけど
そこらへんを超えて2つ取ったのはスゴイね。

日本人なら、安心しておいしく頂けるお店だと思います。

e0078338_0464719.jpg

[PR]
by sharahouse | 2012-12-18 23:25 | 旅 パリ2012
<< Septime レミゼラブル 試写会 >>